kobe2001

阪神大震災から6年。神戸からありがとうの笑顔をみんなに。阪神大震災時に寄せられた支援に対する感謝の気持ち を、笑顔で発信しようということで、「神戸21世紀・復興記念事業」の一環として開催された「Merry in KOBE 2001」。神戸で撮影された500人近いMerryな笑顔の写真が手書きのメッセージとともに、神戸ハーバーランドオーガスタプラザの全館やJR神戸駅 を飾りました。会期中は来場者の笑顔を撮影。大型プリンターを使用し、その場でプリントされた笑顔もオーガスタプラザに掲出。サッカーワールドカップ開催にあたり神戸市に訪れる方々を笑顔で迎えようと、子どもからお年寄りまで約200人の神戸市民の笑顔のポスターをJR神戸駅前の地下「デュオドーム」にて一堂に展示。 その他、ワールドカップ開催中には歓迎の意を込めて市内のターミナル・新長田南 再開発工事仮囲い・KOBEサポーターズヴィレッジ(三宮)でも展示しました。

Go to link